凤凰新闻社

文章标题:『モダンタイムス』感想文: 我们仍需共生命的慷慨与繁华相爱,​即使岁月以荒芜与刻薄相欺 —— 延边大学商务日语系二年级学生 熊瑞花

添加时间:2018-10-25 22:22:32


『モダンタイムス』感想文


我们仍需共生命的慷慨与繁华相爱,


即使岁月以荒芜与刻薄相欺

     

商务日语系年级学生 熊瑞花

凤凰新闻社

   『モダンタイムス』は先生がわたしに推薦してくれました。この映画を私は数年前見ました。映画を初めて見た時、白黒のえいがで、音がない。圧迫感と生気がないと思いました。


图片1.png

       一番衝撃なのは、労働者は機械のように働いている。見る事と思う事はすべて機械と部品。人はもう人ではない、人は機械になっていました。Charlie(主人公)は狂気のように働きます。そしてついに、彼は精神病になり、解雇(首)になりました。収入がなくなって満腹がない。

    その当時、多くの人は生きること、自由、労働者の権利を追求していました。労働者を機械やロボットのように使う資本家の横暴が支配していた混乱の時代でした。

    私が一番悲しいと感じた事は、Charlieは刑務所に入ることを選択したことでした。でも、そこではお腹が満たされました。一番嬉しいのは、Charlieは孤独な娘に会いました。彼らはたがいにたよりになる。生活はとてもまずしいですが、楽しいです。孤独な娘の踊りの才能とCharlieの努力から,彼らは時間の良い生活を送った。

       生活環境の変化にもかかわらず、まるでCharlieと孤独な娘は一緒にいますが、もうすべての美しさと希望を見ることができる。これは愛の力でしょう。

1540476796(1).jpg

 最後のシーンは追っ手を避けるため、彼らはずっと心の美しい生活に向かって進んでいきます。Charlieは孤独な娘を理解しました。

最後に私は中国現代青年作家七年の現代詩を引用挿入します。

    “私たちはたとえどんなに厳しく辛いことがあっても、共に手をつないで意気軒高(いきけんこう)と前に進みましょう!”

 图片2.png

《摩登时代》是老师推荐我看的电影,这部电影在几年前我就已经看过了。电影从头至尾都是黑白的影片,没有任何的对话。给人一种压迫感和毫无生机感。

在影片的开始就是这样一幅场景:工人们都像机器一样在工作,看到的想到的事情全部是机器和零件。人已经不是人了,而是只知道的疯狂工作的机器。查理(主人公)后来疯了,他被解雇了 ,这意味着他将没有收入,他没有钱吃饭会饿肚子。

最可悲的是,查理(主人公)发现只有进入监狱坐牢才是最好的选择,才能填饱肚子。他开始了替人顶罪等一系列犯罪行为。当代人们追求的自由和合法权益在那个资本家残暴统治的混乱时代竟然是那么的卑微和扭曲。

令人欣慰的是,当查理(主人公)遇上了流浪女,他们两个的生活出现了快乐和希望。因为流浪女的舞蹈天赋和查理的努力工作,他们过上了一段很好的生活。不管环境如何变化,好像只要查理和流浪女一起,就能看见美好和希望,这应该就是爱的力量吧!

最后他们为了躲避追捕,远走天涯。携手去追求内心向往的美好生活!

最后我想插入中国现代青年作家七堇年的话“我们仍需共生命的慷慨与繁华相爱,即使岁月以荒芜与刻薄相欺”。


责任编辑 檄文